ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症治療 不妊症とは


不妊症治療 不妊症とは


不妊症というと、漫然と「妊娠したくてもできない状態」を指すもの
という認識を持っているかと思います。

しかしこれは、必ずしも不妊症についての正しい認識ではありません。
不妊症の症状としては正しいですが、正確には「2年」という期間が
定められています。

つまり「妊娠するための性行為を行っている状態で、2年以上妊娠する
事ができていない状態」が不妊症という事になります。

通常、妊娠のための性行為を定期的に行っている場合、1年以内に妊娠
する確率は80%と言われています。そして2年以内となると、この数字が
90%にまで増加します。

akatyanterisaize.jpg
つまり、10%のカップルが2年間の努力を
しても、妊娠できないという事になります。
この10%に該当するカップルが、妊娠でき
ない事に対して考えられる理由に関係なく
不妊症であるという事になります。

この定義にあてはまっている場合は、その後も継続して子作りをしても
上手くいかない可能性が極めて高く、状況を改善させるためには不妊
治療が必要となります。

逆にいえば、不妊治療は2年間という不妊期間があって、初めて行う治療
という事がいえます。

とはいえ、1年の段階で80%もの人が妊娠する事を考えると、その時点で
不妊症の確率が高く、病院を受診するケースが多いようです。



不妊症と治療について


不妊症 女性側の原因


不妊症治療 二人目不妊症


不妊症 不妊の検査


不妊症 問診と診察


不妊治療と食生活について



不妊症と治療について


不妊症と治療について

昨今は結婚年齢がどんどん上がってきて、晩婚という言葉の定義も
徐々に変化してきています。

特に女性の晩婚化は目立ってきて、少し前までは20代で結婚する人
が大半を占めていましたが、近年では30代後半や40代になって結婚
するという女性が増加してきています。

これに伴い、大きな社会問題としてクローズアップされてきたのが、
妊娠に関するトラブルです。いわゆる高齢出産です。

女性が妊娠するのに適した年齢は、大体20代前半だと言われています。

それより早すぎても、反対に遅すぎても難産となるケースが多く、
特に高齢の場合は、生まれてくる子供に何らかの問題が発生する可能性
が高くなります。

特に大きなターニングポイントとなるのは35歳だといわれていて、35歳
を過ぎるとさらに出産が難しくなってきます。

そして、35歳を過ぎた女性が抱える出産に関する大きな問題として、
とりわけ大きく取り上げられているのが「不妊」です。
35歳を過ぎると、妊娠する可能性が一気に低下してしまいます。

また、最近では、35歳以下、さらには妊娠に適した年齢と言われる20代
前半の女性の中にも、不妊症に悩む人が急増しているというデータが
出ています。

実際、少し前までは、不妊治療を行う女性というと、30〜40代が主でした。
しかし今では、不妊治療を受ける20代の女性も非常に多くなってきて
いるのです。


不妊症治療



次>>不妊症 原因



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ



不妊症の治療方法について 2


不妊症の治療方法について 2


以前は不妊症治療は、時間がかかり、しかも完治が難しく、また社会
における理解度も低いという印象がありました。現在においても、
確かに不妊症治療は完治に大変長い時間を必要とします。

しかし、現在では不妊症治療への関心が高まり、理解度も上がって
きています。不妊症治療の種類もいろいろなものがあります。

治療にはそれぞれの原因に対して的確な治療が大切ですから、不妊症に
悩まれる場合には、まず検査を受けることが先決です。その時には、夫婦
そろって受診するようにしてください。

原因がどちらかにあったとしても、二人で協力し、一緒に治していくと
いう意識が大切です。不妊症の軽い症状に関しては、内服薬や注射薬に
よって治療していく方法があります。

排卵に問題がある場合には、漢方や誘発剤等を用いる場合があります。
tn_201202240850.jpg
また、病気や問題のある箇所によっても
治療法は変わってきます。漢方において
は、男性に問題がある場合にもよく使わ
れます。

漢方も西洋薬と同じく、薬である以上副
作用は必ずついてきますが、うまく使えば体に負担をかけず、体の機能
を自発的に促すとして最近では特に注目されています。

内服薬と服用しても効果が出ない場合には、さらに強力な注射薬を
使用します。


不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ


PR