ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症検査 子宮鏡検査と子宮卵管造影



不妊症検査 子宮鏡検査と子宮卵管造影



女性の不妊検査には色々な種類がありますが、その中には子宮を検査
するものも複数あります。

子宮は、いうまでもなく、受精、妊娠というプロセスを経ていく上で、
最も重要な器官のひとつです。
赤ちゃんの産着
この子宮に異常があれば当然ながら
不妊症の原因となるため、不妊治療
を行う上での重大なポイントになり
ます。

子宮の検査方法には、主に「子宮鏡
検査」と「子宮卵管造影」があります。
最もポピュラーなのは「子宮鏡検査」
です。この検査は、子宮の内部を子宮鏡(子宮ファイバースコープ)
という極めて小さい器具を使って撮影するものです。内視鏡検査に近い
検査、といえばわかりやすいかもしれません。

子宮に器具を入れると聞くと怖いと思う人も多いでしょうが、子宮鏡の
大きさは3mm程度なので、問題はありません。

個人差はあるものの痛みを感じる方もいるので、場合によっては鎮痛剤
を使用する事もあります。子宮鏡検査のメリットは、子宮内の様子を
直接目視できる点です。

子宮体ガン、ポリープ等の異常を発見することができます。
不妊治療のためだけではなく、他の異常も見つけることができる検査です。

一方の子宮卵管造影は、レントゲン撮影によって子宮の内側や卵管など
の検査を行う方法です。レントゲンなので、痛みを伴う検査ではありません。

撮影前には胃のレントゲンを撮るのと同じように、バリウムなど、
レントゲンに画像が鮮明に映るために「造影剤」を飲みます。


不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60262288
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
PR