ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症検査 卵管疎通検査・卵管通気検査


不妊症検査 卵管疎通検査・卵管通気検査

不妊の原因となる事が最も多い部位は、卵巣、卵管といった器官
です。特に卵管は受精が行われるところであり、また精子、卵子
の通り路でもあります。さらには受精卵もここを通過します。

つまり、妊娠とダイレクトに関わる器官という事になるので、原因
となりやすいのは当然です。

また、卵管は非常にデリケートな器官としても知られています。
非常に脆く、トラブルが起こりやすい器官であることから、不妊治療
を行う際の検査では、必ず卵管の検査が行われます。

illust794_thumb.gif

主に卵管の通りを確認する検査で、総じて「卵管
疎通検査」と呼ばれるものですが、検査内容はひ
とつではなく、何種類もあります。

その中でも特に有名なのが、「子宮卵管造影法」
「卵管通気検査」といった検査です。

・「子宮卵管造影法」は、その名の通り造影剤を使ったレントゲン撮影
による検査です。レントゲンを使う事で、卵管の閉塞や癒着、水腫
などがないかを調べます。

不妊治療を行う際には、このレントゲン検査によって、ある程度の
原因を把握するところからはじめるケースが多いようです。


・「卵管通気検査」は、炭酸ガスを使用した検査です。
子宮口から炭酸ガスを噴射し、それを子宮、卵管へと送り込む事で、
その圧力がどう変化していくかを見る検査となります。

もし異常があれば、正常な場合の圧力変化とは異なる推移をするので、
すぐに問題ないかどうかがわかります。

場合によっては、炭酸ガスではなく色素食塩水や蒸留水を使った
「通色素検査」「卵管通水検査」が採択されるケースもあります。



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60290179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
PR