ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症検査 月経血培養検査


不妊症検査 月経血培養検査

不妊の原因のひとつに、生殖器に何らかの菌が存在し、それが妊娠
を妨げているという場合があります。

特に女性の場合は性器が雑菌に感染しやすいため、このような状況が
生まれやすいようです。

そのため、検査の際には性器が菌に感染していないかという事も調べ
ますが、その中でも特に有名な検査が「月経血培養検査」といわれる
ものです。

月経血培養検査で調べるのは「結核菌」です。
結核は、普通は肺の病気として認知されていますが、実際には結核菌
は肺ばかりとは限らず、他の器官にも感染する事があります。
これを「肺外結核」といいます。

そして、この肺外結核の中には、性器が結核菌に感染してしまう
「性器結核」も含まれているのです。

結核菌が生殖器に感染すると不妊の原因となるため、その状態を解消
するための不妊治療が必要となります。

illust1997_thumb.gif
この結核菌は、不妊治療をしっかりと行えば根治する事
が可能です。そのため、仮に結核菌に感染している事が
わかったとしても、悲観することはありません。

原因がはっきりしたので解決に向けての治療ができると
前向きにとらえたほうがいいですね。

月経血培養検査の検査は、月経中に行います。
経血の分泌量が多い日を見計らって経血を採取し、結核
菌の有無を調べます。

経血を採取する際には注射器などを使うため、若干の痛みがあります。
この検査は菌の培養だけで数十時間かかるため、検査結果がわかるま
でには大体1〜2ヶ月を要するのが一般的です。


不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60315446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
PR