ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症 不妊症検査 精子検査


不妊症 不妊症検査 精子検査

不妊治療の内容は、女性と男性とでは大きな違いがあります。

女性と男性では身体の造りが全く違うので、当然の事ですが、
不妊であるかどうかを調べるための検査方法も、全く別の
検査になっています

男性の不妊治療の場合、最初に行われるのが「精子検査」です。
妊娠は、なんといっても男性の精子が正常である事が
第一条件です。

もし精子に問題を抱えていれば、女性がいくら正常であっても
不妊となってしまいます。

そのため、不妊検査の中でも、最も重要な検査のひとつといわ
れています。
seisi1.png
精子検査は、精子を採取して状態を
調べます。気になる採取方法ですが、
基本的には自分で採取する事になり
ます。

病院から専用の滅菌されたケースを
受け取り、病院内、もしくは自宅で採取します。

家での採取の場合は、採取後2時間以内に病院を訪れる必要が
あるようです。

主に調べるのはその「量」です。
採取した精液があまりにも少なすぎる場合は、何かしらの異常が
あるという診断が下されるようです。

逆にそれ以下の場合は「精子減少症」という病気を抱えている可能性
があるという事になり、不妊治療が必要となります。

さらに、精子検査では「酸性度」「運動率」「奇形率」といった事も
調査します。通常、精子は弱アルカリ性であり、酸性が高い場合は
異常があるとみなされます。

また、「比重」や「濃度」も調査します。
濃度というのは1mm中にいる精子の数で、これが4,000万以上であれば
正常と言われています。


不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60465300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
PR