ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症検査 睾丸生体検査・精路造影法検査


不妊症検査 睾丸生体検査・精路造影法検査

男性の不妊治療は、精子検査から行います。

精子がない、もしくは量が少ないと診断された場合、今度は
「睾丸生体検査」や「精路造影法検査」が検査が行われ
る事になります。

睾丸生体検査ですが、これは精子を生み出す睾丸を調べる
ための検査です。検査方法は、睾丸の細胞組織を採取して
調査するというものです。

採取方法は、「切除法」「用針法」「パンチ法」等があります。
この中で、最も精度の高い方法は切除法です。

切除というと非常に痛そうに聞こえますが、実際にはそれほどの
痛みは感じません。

皮膚を切開して細胞組織を摘出するだけなので、大きなダメージ
にはならず、出血も非常に少ない採取方法となります。
akatyanasi.jpg
この組織を調べる事で、正確な
精子生成の状況を調べる事がで
きます。
無精子症や乏精子症はもちろん
精子が生成される段階で何らか
の問題が生じている可能性も、
かなり正確にわかります。

この検査で睾丸の造精能力が確認された場合は、他の異常を調べる
ために精路造影法検査を行います。

精路造影法検査では該当する部分に造影剤の注入が必要なため、
結構大変だったりします。

具体的には、陰嚢の一部を切開してそこから造影剤を注入し、その
後、その造影剤が精路を通過する様子をモニターで確認します。



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60566904
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
PR