ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症治療 不妊症とは


不妊症治療 不妊症とは


不妊症というと、漫然と「妊娠したくてもできない状態」を指すもの
という認識を持っているかと思います。

しかしこれは、必ずしも不妊症についての正しい認識ではありません。
不妊症の症状としては正しいですが、正確には「2年」という期間が
定められています。

つまり「妊娠するための性行為を行っている状態で、2年以上妊娠する
事ができていない状態」が不妊症という事になります。

通常、妊娠のための性行為を定期的に行っている場合、1年以内に妊娠
する確率は80%と言われています。そして2年以内となると、この数字が
90%にまで増加します。

akatyanterisaize.jpg
つまり、10%のカップルが2年間の努力を
しても、妊娠できないという事になります。
この10%に該当するカップルが、妊娠でき
ない事に対して考えられる理由に関係なく
不妊症であるという事になります。

この定義にあてはまっている場合は、その後も継続して子作りをしても
上手くいかない可能性が極めて高く、状況を改善させるためには不妊
治療が必要となります。

逆にいえば、不妊治療は2年間という不妊期間があって、初めて行う治療
という事がいえます。

とはいえ、1年の段階で80%もの人が妊娠する事を考えると、その時点で
不妊症の確率が高く、病院を受診するケースが多いようです。



不妊症と治療について


不妊症 女性側の原因


不妊症治療 二人目不妊症


不妊症 不妊の検査


不妊症 問診と診察


不妊治療と食生活について



不妊症と治療について


不妊症と治療について

昨今は結婚年齢がどんどん上がってきて、晩婚という言葉の定義も
徐々に変化してきています。

特に女性の晩婚化は目立ってきて、少し前までは20代で結婚する人
が大半を占めていましたが、近年では30代後半や40代になって結婚
するという女性が増加してきています。

これに伴い、大きな社会問題としてクローズアップされてきたのが、
妊娠に関するトラブルです。いわゆる高齢出産です。

女性が妊娠するのに適した年齢は、大体20代前半だと言われています。

それより早すぎても、反対に遅すぎても難産となるケースが多く、
特に高齢の場合は、生まれてくる子供に何らかの問題が発生する可能性
が高くなります。

特に大きなターニングポイントとなるのは35歳だといわれていて、35歳
を過ぎるとさらに出産が難しくなってきます。

そして、35歳を過ぎた女性が抱える出産に関する大きな問題として、
とりわけ大きく取り上げられているのが「不妊」です。
35歳を過ぎると、妊娠する可能性が一気に低下してしまいます。

また、最近では、35歳以下、さらには妊娠に適した年齢と言われる20代
前半の女性の中にも、不妊症に悩む人が急増しているというデータが
出ています。

実際、少し前までは、不妊治療を行う女性というと、30〜40代が主でした。
しかし今では、不妊治療を受ける20代の女性も非常に多くなってきて
いるのです。


不妊症治療



次>>不妊症 原因



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ



不妊症の治療方法について 2


不妊症の治療方法について 2


以前は不妊症治療は、時間がかかり、しかも完治が難しく、また社会
における理解度も低いという印象がありました。現在においても、
確かに不妊症治療は完治に大変長い時間を必要とします。

しかし、現在では不妊症治療への関心が高まり、理解度も上がって
きています。不妊症治療の種類もいろいろなものがあります。

治療にはそれぞれの原因に対して的確な治療が大切ですから、不妊症に
悩まれる場合には、まず検査を受けることが先決です。その時には、夫婦
そろって受診するようにしてください。

原因がどちらかにあったとしても、二人で協力し、一緒に治していくと
いう意識が大切です。不妊症の軽い症状に関しては、内服薬や注射薬に
よって治療していく方法があります。

排卵に問題がある場合には、漢方や誘発剤等を用いる場合があります。
tn_201202240850.jpg
また、病気や問題のある箇所によっても
治療法は変わってきます。漢方において
は、男性に問題がある場合にもよく使わ
れます。

漢方も西洋薬と同じく、薬である以上副
作用は必ずついてきますが、うまく使えば体に負担をかけず、体の機能
を自発的に促すとして最近では特に注目されています。

内服薬と服用しても効果が出ない場合には、さらに強力な注射薬を
使用します。


不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ


不妊治療と運動 ウォーキング


不妊治療と運動 ウォーキング


妊娠を希望するのであれば、男女ともに健康な体を作ることが
大切です。そして健康な身体を作るためには、理想的な食事と
同時に運動も必要となってきます。

適度な運動をする事で血液の流れが正常化し、卵子、精子の
成形が健常化します。そうなれば当然、妊娠する可能性はアップ
します。

妊娠するために運動は必要ですが、注意したいのが、運動の程度です。
運動が身体に良いという事は常識ですが、妊娠する事を目的とした
場合、重要なのは継続です。

気が向いた時だけハードな運動をするというのはまったく意味を
成しません。

何ヶ月も継続して行うことで、新陳代謝、細胞の生まれ変わりが行
われ、健全な身体になるのです。重要なのは、長く続けることです。

普段からトレーニング等をしていない人が運動を継続して行うのは、
簡単な事ではありません。なれない運動で疲れきってしまったのでは
妊娠のためにはよくありません。軽い運動を継続する必要があります。
tn_walk_wom01.jpg
そこで有効なのが、ウォーキングです。
運動と考えず散歩をすると思えば、誰でも
できる上に継続して行う事も十分に可能です。

一日一時間を目処にウォーキングを行うこ
とで、立派な不妊治療となります。ウォー
キングは、有酸素運動の代表的なものです。
不妊治療の観点では、過激な運動をするよりもよほど有効な運動と
なります。

ダイエットやストレス解消にもなるので、いろいろなモチベーション
を持って行えるという利点もあります。



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ


不妊治療と食生活について


不妊治療と食生活について


不妊は肉体的な問題ばかりが原因とは限りません。
ホルモンバランスの問題などが原因となる事も多々あります。

それを改善するためには、まず食生活からしっかりと改善
しなくてはなりません。

妊娠しやすい身体を作るためには、規則正しい食生活が必須です。
そのためには、一日3回の食事を毎日きちんと摂る必要があります。

その上で、栄養が取れるものを積極的に摂取する事を徹底
しなくてはなりません。

特に女性に多いのが、ダイエットによるホルモンバランスの乱れや
自律神経の失調です。

ダイエットは決して悪いことではありませんが、度が過ぎる
と妊娠する上で必要な精神的安定を失います。
そうなると、不妊症につながってしまいます。

そういう意味もあって、不妊治療の一環として食事療法は大事です。

妊娠する上で、ぜひ摂っておきたい栄養素は「葉酸」です。
葉酸には、DNAを正常にコピーさせる効果や、細胞分裂を健全に行
わせる効果などがあります。

既に「葉酸は妊娠する上で重要な栄養素である」という論文も発表
されていて、不妊治療を行う上では欠かせない栄養素となって
います。

葉酸を含んでいる食品は、大豆製品やレバー、果物、緑黄色野菜
などです。

食品で取りきれない時は、サプリメントで摂取しても良いですね。
女性は一日400ug、男性は200ugの摂取が理想的といわれています。

葉酸は緑黄色野菜にも多く含まれています。



自然妊娠の可能性0%でも、 2度自然妊娠できた奇跡の妊娠法


一般不妊治療と高度生殖医療について


一般不妊治療と高度生殖医療について

不妊の時、検査を受けて問題があると診断されたら不妊治療を行う
事になります。

不妊治療では、まず「一般不妊治療」を行います。
これは、重大な問題がないケースで適用される治療方法です。

主な方法には、「人工授精」や「タイミング法」等が挙げられます。
一般不妊治療で思うように効果が出なかった場合は、「高度生殖医療」
を試す事になります。
猫と赤ちゃん
これは、治療というより、自然な形での受精が困難な
状況なために特殊なアプローチで妊娠させるという方
法で、主な例には「体外受精」や「顕微鏡授精」が挙
げられます。

不妊症の人にはまず、不妊症であるかどうか、不妊症
ならばその原因が何であるのかという事が知らせられます。

その後、治療方法に関しての説明が行われ、具体的な理由がはっきり
している場合は、その原因を取り除くという治療となります。

そうではないケースでは、生活習慣を改善していく、というアプローチ
になります。これもある種、「一般不妊治療」のひとつです。

薬や手術といった治療だけが治療ではない、という事です。



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ


不妊症検査 卵管疎通検査・卵管通気検査


不妊症検査 卵管疎通検査・卵管通気検査

不妊の原因となる事が最も多い部位は、卵巣、卵管といった器官
です。特に卵管は受精が行われるところであり、また精子、卵子
の通り路でもあります。さらには受精卵もここを通過します。

つまり、妊娠とダイレクトに関わる器官という事になるので、原因
となりやすいのは当然です。

また、卵管は非常にデリケートな器官としても知られています。
非常に脆く、トラブルが起こりやすい器官であることから、不妊治療
を行う際の検査では、必ず卵管の検査が行われます。

illust794_thumb.gif

主に卵管の通りを確認する検査で、総じて「卵管
疎通検査」と呼ばれるものですが、検査内容はひ
とつではなく、何種類もあります。

その中でも特に有名なのが、「子宮卵管造影法」
「卵管通気検査」といった検査です。

・「子宮卵管造影法」は、その名の通り造影剤を使ったレントゲン撮影
による検査です。レントゲンを使う事で、卵管の閉塞や癒着、水腫
などがないかを調べます。

不妊治療を行う際には、このレントゲン検査によって、ある程度の
原因を把握するところからはじめるケースが多いようです。


・「卵管通気検査」は、炭酸ガスを使用した検査です。
子宮口から炭酸ガスを噴射し、それを子宮、卵管へと送り込む事で、
その圧力がどう変化していくかを見る検査となります。

もし異常があれば、正常な場合の圧力変化とは異なる推移をするので、
すぐに問題ないかどうかがわかります。

場合によっては、炭酸ガスではなく色素食塩水や蒸留水を使った
「通色素検査」「卵管通水検査」が採択されるケースもあります。



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ



二人目不妊症 二人目出産が出来ないとお悩みのあなたに朗報です。


不妊症治療 二人目不妊症


一度自然に妊娠したら、そのカップルは男女ともに不妊症とは無縁だ
という認識がありますね。でもそうとばかりは言い切れません。

一人目を無事に出産できても、二人目の子作りの際に不妊となる
可能性は十分にあるからです。

この、二人目を妊娠できない状況を「二人目不妊症」と言います。

二人目不妊症の原因としては、おもに二つあります。

・一つ目は年齢。

・二つ目は精神面です。

普通に考えて、既に出産経験があるということは、肉体的な問題は
ないという事です。

年齢によって妊娠する確率は変わってきます。
特に女性に関しては、35歳前後の場合、それが顕著になります。

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん
一人目の子供を30代前半で
産み、二人目を35歳前後で
…という場合では、特に
二人目不妊症になってしま
う可能性があると考えられ
ます。このケースでは、不
妊治療による改善も難しくなってきます。

もうひとつの精神面ですが、基本的には女性が陥る問題となります。

一人目を出産し、育児に追われる中で疲労やストレスを抱えてしまったり、
出産の経験でかなり大きなトラウマになってしまったり、仕事に復帰して
ストレス抱えこんでしまったり等という理由が多く見受けられるようです。

一人子を儲けた事で、精神的には楽になると思われがちですが、実際には
このような様々な要因が発生してしまうという事です。

その他、二人目不妊症の原因としては、一人目の出産の際に
クラミジアなどに感染し、卵管が詰まる等の肉体的理由です。

この場合は、不妊治療によって改善することが可能です。



■なかなか二人目出産が出来ないとお悩みのあなたに朗報です。


PR