ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症 女性側の原因



不妊症 女性側の原因


不妊症の原因は男性にもありますが、全体的に女性側に何らかの原因
があることが多いというデーターが出ています。

不妊治療も女性が受ける事が多いのですが、その主な原因となっている
のは、卵巣や子宮といった器官です。

子供ができるプロセスは、男性の精子が女性の卵巣内の卵管と呼ばれる
器官にある卵子と出会い、受精し、その受精卵が子宮の中の内膜に
着床するいう段階をふみます。

つまり、この「精子」「卵巣」「卵管」「子宮」といったものがすべて
健常である事が、妊娠の条件という事になります。

そのため、男性側の問題である精子よりも多くのトラブルの種を抱えて
しまっている女性の方に不妊の原因が多いということになります。

女性側の不妊症の原因となる主な病名には、「排卵障害」「卵管障害」
「子宮障害」等が挙げられます。

赤ちゃんのおもちゃ
これらの病気になる原因は、やはりストレスや
疲れなど、精神的なものが多いようです。
多くの悩みを抱えている人は、その分ストレス
を抱えこんでしまい、それが不妊症の原因と
なっているのです。

そのため、不妊治療では精神面のケアを重点的に取り入れていて、心身
ともに健康に過ごす事を強く奨励しているようです。

女性の場合、自分が妊娠する事もあり、不妊の際にはその責任を背負い
込みがちです。それも大きなストレスとなり、悪化の要因となっています。

不妊は、男女双方が背負うべき問題と考え、共有して負担を少なくする事が
不妊治療の第一歩といえるのかもしれません。



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ


不妊症治療 不妊症の原因


不妊症治療 不妊症の原因


現在日本では、不妊治療を行っている女性は40万人以上にも上ると
いわれています。

不妊治療を行う場合には、当然ながら不妊となっている原因が重要
ですが、不妊症の原因は、実はかなり多岐にわたり、それが
不妊改善の難しさにもつながっています。

不妊症が発覚した際、まず確認しておくべき事は、「原因は女性側に
あるのか、男性側にあるのか」という点です。

不妊症は必ずしも女性だけが原因とは限らず、男性側に原因がある
場合もかなり多くあります。
コウノトリが赤ちゃんを運んでくる
実際、WHO(世界保健機関)が
行った調査では、不妊症と見ら
れるカップルのうち、女性にの
み原因があるケースは41%、
男性にのみ原因があるケースは
24%、双方に原因がある確率は
24%、という結果が出ています。

つまり、不妊症で悩んでいるカップルの実に半数が、男性側
にも原因があるという事になります。

では、男性側の不妊症における原因には、どのようなケースが考え
られるのでしょうか。

まず、最も多いと思われるのが「精子に関するトラブル」です。
男性の中には、体内で精子を生み出す事ができない、あるいは極めて
少ない精子しか生み出せないという方がいます。

これらは、「造精障害」「精路通過障害」「副性器障害」等といわ
れるものです。

こういった場合には、いくら性行為を繰り返しても女性が妊娠する
可能性は極めて低いといえます。

他にも疲労やストレス、糖尿病などの病気が原因でインポテンツに
なってしまうケースもあり、これも不妊の原因のひとつとなります。




PR