ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症検査 睾丸生体検査・精路造影法検査


不妊症検査 睾丸生体検査・精路造影法検査

男性の不妊治療は、精子検査から行います。

精子がない、もしくは量が少ないと診断された場合、今度は
「睾丸生体検査」や「精路造影法検査」が検査が行われ
る事になります。

睾丸生体検査ですが、これは精子を生み出す睾丸を調べる
ための検査です。検査方法は、睾丸の細胞組織を採取して
調査するというものです。

採取方法は、「切除法」「用針法」「パンチ法」等があります。
この中で、最も精度の高い方法は切除法です。

切除というと非常に痛そうに聞こえますが、実際にはそれほどの
痛みは感じません。

皮膚を切開して細胞組織を摘出するだけなので、大きなダメージ
にはならず、出血も非常に少ない採取方法となります。
akatyanasi.jpg
この組織を調べる事で、正確な
精子生成の状況を調べる事がで
きます。
無精子症や乏精子症はもちろん
精子が生成される段階で何らか
の問題が生じている可能性も、
かなり正確にわかります。

この検査で睾丸の造精能力が確認された場合は、他の異常を調べる
ために精路造影法検査を行います。

精路造影法検査では該当する部分に造影剤の注入が必要なため、
結構大変だったりします。

具体的には、陰嚢の一部を切開してそこから造影剤を注入し、その
後、その造影剤が精路を通過する様子をモニターで確認します。



不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ




不妊症 不妊症検査 精子検査


不妊症 不妊症検査 精子検査

不妊治療の内容は、女性と男性とでは大きな違いがあります。

女性と男性では身体の造りが全く違うので、当然の事ですが、
不妊であるかどうかを調べるための検査方法も、全く別の
検査になっています

男性の不妊治療の場合、最初に行われるのが「精子検査」です。
妊娠は、なんといっても男性の精子が正常である事が
第一条件です。

もし精子に問題を抱えていれば、女性がいくら正常であっても
不妊となってしまいます。

そのため、不妊検査の中でも、最も重要な検査のひとつといわ
れています。
seisi1.png
精子検査は、精子を採取して状態を
調べます。気になる採取方法ですが、
基本的には自分で採取する事になり
ます。

病院から専用の滅菌されたケースを
受け取り、病院内、もしくは自宅で採取します。

家での採取の場合は、採取後2時間以内に病院を訪れる必要が
あるようです。

主に調べるのはその「量」です。
採取した精液があまりにも少なすぎる場合は、何かしらの異常が
あるという診断が下されるようです。

逆にそれ以下の場合は「精子減少症」という病気を抱えている可能性
があるという事になり、不妊治療が必要となります。

さらに、精子検査では「酸性度」「運動率」「奇形率」といった事も
調査します。通常、精子は弱アルカリ性であり、酸性が高い場合は
異常があるとみなされます。

また、「比重」や「濃度」も調査します。
濃度というのは1mm中にいる精子の数で、これが4,000万以上であれば
正常と言われています。


不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ



PR