ないものはない!お買い物なら楽天市場 楽天市場

不妊症のセルフチェック


不妊症のセルフチェック


不妊症と認定されるには、基本的に二年間の不妊期間があった場合
に承認されます。二年に達する前は、不妊症とは認定されません。

実際には一年間不妊状態が続いた場合は、不妊症を疑わ
なくてはなりません。

何より、子供が欲しくて努力しても、子宝に恵まれないという状況は
女性にとっても、パートナーである男性にとっても、かなり
辛いものです。
illust986.png
その時点でたとえ不妊症という
診断結果は出されなくても、
不妊治療のために病院へ行くべ
きです。

妊娠する確率は、当然の事なが
ら個人差があります。性行為の頻度でも大きく変わってくるため、
一年経っても妊娠しないから不妊症の確率が濃厚、というわけで
もありません。

そこで、病院に行く前にセルフチェックを行っておくといいですね。
セルフチェックをする事で、自分達が不妊症である確率をある程度
計ることができます。

女性のセルフチェック


・「ホルモンバランスチェック」
 月経不順がないか、生理痛が重くないかといったチェックやBMI
 の確認などを行います。

・「おりものチェック」
  おりものの量や臭い、色に異常がないかの確認です。

・子宮、卵巣チェック」
 月経血の出血量などをチェックします。

男性のセルフチェック

「睾丸チェック」「射精チェック」「EDチェック」等を行います。
これらに関して通常とは異なる状況である場合は、不妊治療も視野に
入れる必要があります。


不妊症 不妊症治療 あきらめないでトップへ





PR